塾講師になったけれど、ブラック過ぎ!激務だからやっぱり辞めたい!と思う事もあるかもしれません。特に30代位になってくると、転職先はあるのだろうか…と不安になってきますよね。そこで今回は塾講師の転職活動について書きたいと思います!

スポンサーリンク

塾講師激務だから辞めたい!

塾講師はやっぱり激務なのか

塾業界で働いていた時は、「なんてブラックな業界なんやー!もう辞めたい!」とよく思っていました。

しかし辞めてしばらく経った今、テレビや新聞で「残業100時間」とか「家に帰るのは寝る時だけ」というブラック企業を目にすると、私の勤めていた塾はそこまでブラックではなかったのかも…と思い始めました。

確かにテスト前とか忙しい時期もありましたが、平均すると毎日8時間位は寝ていたような…。

mmo_kokubantokyoutaku_tp_v

でもそんな私が一番塾講師を辞めたいと思った理由は、ズバリ「夜の仕事」が嫌になったからです!

こう書くと水商売みたいですがf(´-`;)、実際塾講師は夕方から夜がメインの仕事です。夜10時頃に授業が終わって、

生徒の質問に個別対応していたら、家に帰るのが0時を回っているという事も全然珍しくありません。

その分、朝はゆっくり寝られるからいいんですけど、長い間働いていると段々世間の人とのズレを感じるようになってしまいました。

塾以外で働いている人から食事などに誘われても、予定が合わない事も多く、徐々に塾業界以外の人たちとの交流が少なくなっていきます。

しかもこれは私の主観ですが、何だか塾で長く勤めている人ってみんな偉そうな気がしました。同じ塾の先輩からは「常に自分よりも弱い立場の生徒の相手をしているから、どうしても偉そうになる人が多い」と言われました。

そしてこのまま塾で長く勤めていても、すごく偉そうで視野の狭い人間になってしまう…と焦りを感じて、結局退職を決意したのです!

スポンサーリンク

30代で転職成功のコツは?!

30代塾講師の転職は難しい?

私の周りで塾講師を退職する人は圧倒的に20代が多かったです。やっぱり塾での経験が長くなればなるほど、教育業界の人というイメージは強くなりますから、転職は厳しくなると考えておいた方が良いと思います。

小学校の国語や算数を教えるのが得意と言われても、やっぱり他の業種・職種においてはほとんど役に立たないですよね。

ですから、塾講師を辞めたいと思ったら、少しでも早く転職活動を始める事をおススメします。

ただ30代からの転職が全く不可能という訳ではありません。

実際に同僚で「公務員試験」や「教員採用試験」に合格して転職に成功した人もいます。

そして同じ塾業界間での転職は年齢を問わず簡単だと思います。塾業界は離職者も多いので、常に求人を出しているケースも少なくありません。すぐに授業が出来る即戦力は採用される確率が高いです。

実は一度退職してまた戻ってくる先生も結構いました。

塾講師の転職活動の成功のコツとは

転職を決意して、まず私がやったのは「転職サイト」と「派遣会社」への登録です。

なるべく会社には隠れて転職活動を行いたかったのですが、塾は平日の朝が割と自由に使えるので、わざわざ仕事を休んで面接などに行く必要もなくて助かりました。本気で転職を考えるのなら、この時間を使ってじゃんじゃん応募・面接を受けまくりまくりましょう。

you85_pcsousasuru20131019130818_tp_v

とりあえず私は朝の8時位から夕方の5時位までの一般的な仕事がやりたかったので、それを派遣会社に伝えて探してもらいました。

当初は英語の担当をしていた事もあり、英語を生かした仕事に就きたいと安易に考えていましたが、派遣会社の人に「英語で交渉する貿易事務の仕事などは経験がないと厳しい」とはっきり言われてしまいました。

ただ派遣会社を利用するメリットはこういったミスマッチを防いでくれるという点だと思います。30代塾講師が転職するとしたら、どんな転職先があるのが現実的な範囲で教えてくれるので、一度登録して話だけでも聞いてみる価値はあります。

そして時期が良かったのか、たまたま求人が沢山あったので、運よくすぐに契約社員ではありましたが、一般事務の仕事で採用されました。

私の場合は授業以外にも月謝の請求管理など事務的な作業も多く行っていたので、それらをアピールする事が出来たので良かったです。

授業をいくら頑張っていたと面接官に説明した所で、「じゃあ、教育業界でもっと頑張れば?」と思われるだけかもしれませんので、塾業界以外に転職を考えているのなら、何か違うポイントを探しておく事をおススメします。

スポンサーリンク