森友学園が経営する「塚本幼稚園」の園児たちが暗唱させられていた事で注目される事となった「教育勅語」。しかし中身まで詳しく知っているという人は案外少ないのでは?そこで今回は「教育勅語」の内容や問題点を口語訳を踏まえて簡単にわかりやすく解説していきたいと思います!「教育勅語を暗唱させるなんてありえない」という声もあれば、「中身自体は問題ない」という声もあるようですが、一体どんな内容なのでしょうか。

スポンサーリンク

【教育勅語とは】わかりやすく解説!

私自身、最近森友学園問題で「教育勅語」という言葉を耳にした時に、「なんか昔歴史の教科書で習ったような…。政府が発行した教育に関する何か?」ぐらいのとてもアバウトな記憶しかありませんでした。

ですので、正直「教育勅語」が良いものか、悪いものかすらもちょっと分からない…(´・ω・`)。でもさすがに社会人としてこれでは恥ずかしいので、なるべく簡単に説明出来るように調べてみました。

口語訳で内容や問題点を簡単に!

教育勅語とは?

教育勅語について簡単に箇条書きでまとめると、

  • 1890年(明治23年)に発表
  • 教育の基本方針を表す明治天皇の勅語
  • 「勅語」とは天皇のお言葉という意味
  • 原案を作ったのは「元田永孚(げんだながざね)」や憲法の作成にも関わっていた「井上毅(いのうえこわし)」
  • 日本人の道徳心や教育の基本を示すために作られた
  • 第二次世界大戦後、GHQによって廃止される

よく考えると今から120年以上に作られたものなんですよね…。

日本という国をしっかり作っていくために天皇が直々にお言葉を国民に伝えたという感じでしょうか。

当然現代みたいにインターネットやテレビが当たり前って時代じゃありませんし、学校で教えられる事が今よりもかなり重要だったのかもしれません。

教育勅語の内容を口語訳で簡単に説明すると

120年も前に作られた「教育勅語」ですから、原文のままだとさすがに意味が分かりません。

当然「口語訳」なるものが沢山出回っているのですが、人によっては様々な解釈が出来る部分もあるようですね。

そこで出来るだけ色んなサイトを検索して、私なりに分かりやすく簡単にまとめてみたいと思います。

教育勅語とは?簡単にわかりやすく説明

 

「私(天皇)が思うに、私たち皇室の祖先がこの国を始められたのは、はるか昔の事ですが、とても立派な事です。

日本国民も国家のために尽くし、みんなで心を一つにして代々この素晴らしい世の中を作ってきました。

そしてそれは私たち日本の立派な部分であり、教育の源でもあります。

日本国民は①親孝行をして、②兄弟は仲良くして、③夫婦は仲むつまじく、④友達とは信じ合い、⑤慎み深く行動して、⑥困っている人がいれば手を差し伸べ、⑦勉強や仕事を習って、⑧知恵を養い、⑨道徳心を身に付け、⑩進んで社会のために尽くし、⑪いつも憲法を大切にして、法律を守り、⑫もし非常事態になったら勇気を持って国のために行動するのです。

そしてこれらをもって永遠に続く皇室の繁栄を助けるのです。

これらは単にあなたたちが忠実で善良な国民というだけではなく、あなたたちの祖先が残した良き伝統を反映したものでもあります。

このような道は私たち皇室の祖先が残した教訓であり、その子孫や国民が守っていかなければならないものです。

そしてそれは今も昔も変わらず、外国に行っても同じです。

私もあなたたち国民と共に、この教訓を胸に刻み、立派な道を進んでいくことを心から願います。」

という感じかな…?と思います。とはいえ、英語の翻訳と同じで、細かいニュアンスをどう訳すのかが問題になってくる気はしました。

ちなみに原文は「朕惟フニ…」で始まるのですが、この「朕(ちん)」って言葉は天皇しか使えない一人称だったらしいです。

この時点でこれを聞いた人は「ありがたき天皇陛下のお言葉…」ってなる時代だったのかもしれません。

そしてよくテレビで肯定派が取り上げているのが、「黄色マーカーで印を付けた12徳目」と呼ばれる部分です。

確かにこれだけ見ると、「すごく普通だし、むしろ大切な事じゃん!」って感じですけどね。

スポンサーリンク

教育勅語の問題点は?

では、一体教育勅語の何が問題なのでしょうか。

「教育勅語の復活なんてもっての他だ!」という意見によくよく耳を傾けてみると、

『教育勅語=天皇に忠誠を誓うものであり、それが結局軍国主義に繋がり、更には戦争を引き起こした』という考えが根底にあるようですね。

確かに12徳目以外の部分では、それっぽい表現が使われているような…。

GHQが廃止したのも、「天皇に忠誠を誓うようなこんな内容を教育に使っていたら、また日本は何をするか分からない」という気持ちがあったんじゃないかな…と推測します。

一方で、教育勅語肯定派としては、「『親孝行をしなさい』などの12徳目は素晴らしい。学校で教えて何が悪いの?天皇という言葉に敏感に反応し過ぎ!」という意見が多く見られました。

教育勅語の問題点は?

ちなみに、こども向けの教育勅語も登場(youtubeで見られます)しているようですが、かなり柔らかい表現になっており、教育勅語感はあまり感じられません。ほぼ天皇も登場しません。

ただ中身がどうであれ「教育勅語=悪」と思っている人にとっては、結局抵抗があるような気もします。

という事で、この論争には中々終わりはないと思います。

まとめ

個人的に色々と教育勅語について自分で調べてみて、「確かに12徳目の部分などは、みんなが守れるようになればいいなあ」と思ったりもしました。

しかし結局「実際に道徳の教材に取り入れよう」という話になったとしても、教育勅語というだけでまた色々と揉めそうな気が…。

まあ道徳の教材になるのは、教育勅語だけではありませんからね。

いっその事、教育勅語とは切り離して、別の「教育基本10か条」など作ってみてはどうかと個人的には思います。

以上、簡単にですが、教育勅語についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク