森友学園問題から始まった騒動も、もう1年以上続いています。さすがにワイドショーなどで「モリカケ」について取り上げているのを見て、「まだやってたのか…」とうんざりする人も増えてきているでは?大きな進展もないまま、この問題はいつまで続くのでしょうか。ネット上の反応などもまとめてみました!

スポンサーリンク

モリカケはどうでもいい!

森友学園、加計学園問題については散々まとめてきたのですが、さすがに騒動が長引きすぎて最近は詳細を調べる事すら面倒になってきてしまいました(*_*)…。

森友学園問題が話題になり始めた頃は、

森友学園が経営する塚本幼稚園のビックリするような教育方針(運動会の宣誓で「安倍首相ガンバレ!」と言わせる。教育勅語を暗唱させるetc.・・・)、籠池理事長夫妻の強烈なインパクトのあるキャラが目立っていた事もあり、世間の皆さんの注目度も高かったと思います。

更には加計学園問題まで出てきて、「ついに安倍首相もピンチか?」と思われましたが、結局決定的な証拠が出てこないまま…時間だけが経過してしまい、徐々にもう「モリカケはどうでもいい!」と感じる人が増えてきているような気がします。
「文書改ざん問題」「首相面談疑惑」「籠池前理事長保釈」などちょこちょこニュースにはなるものの、

最近では「日大アメフト部」の問題の方が大きな話題になってますもんね…。

しつこい野党にうんざりする人続出?

「モリカケ問題」に対するネット上の反応

それでも野党は国会でも「モリカケ問題」についてしつこく追及を続けていますが、世間のリアルな声は一体どうなっているのでしょうか。ネット上の意見などを簡単にまとめてみました。

  • モリカケ問題はもうお腹いっぱい。
  • モリカケ問題よりも、消費税増税の方が重要。
  • 野党は他に議論するネタがないのか。
  • しつこい。
  • 来年まで続いてたりして…。
  • 長いし、何が問題なのかイマイチよく分からない。
  • ニュースでこの話題になったら、チャンネルを変える。

ちょっと調べてみると、このような感じで全体的に「しつこい」「うんざり」といった声が目立ちました。

ちなみにネットよりもワイドショーが大好きな60代の親も、モリカケ問題を目にすると「まだやってるんだ…」とボヤいてましたね。

スポンサーリンク

なぜ「モリカケ問題」は飽きられたのか

ネット上の声を見ても分かりますが、やっぱり中々解決しないこの問題の長さが飽きられてしまった原因だと言えるでしょう。

そもそもの疑惑は安倍首相が個人的に口利きをして、

  • 森友学園に8億円値引きして土地を売った。
  • 新設が難しかった獣医学部の設立を加計学園に許可した。

という点です。

これが本当なら、安倍首相が権力を利用して自分のお友達を優遇しているという事になりますが、今の段階では明確な証拠は何も出てきていません。

それに「忖度」という言葉が2017年の流行語大賞にもなりましたが、周りの人が気を遣って勝手に色々やってしまった事だとすれば、安倍首相自身の責任ではありませんからね…。

たとえば、

加計学園理事長:「獣医学部新設したいんだけど、何とかしてもらえないかな?」

安倍首相:「でもちょっと今厳しいからな~」

加計学園理事長:「いや~、そこを何とか安倍君の力で…」

安倍首相:「よし分かった!私の力で何とかしましょう!」

加計学園理事長:「ありがとう!お礼ははずむからね!」

みたいに、具体的なボイスレコーダーの音声でも残ってない限りは、世間ももうこの話題に食い付かないと思います。

というか、すでにあれば絶対に出てきているはずなので、これ以上本当に何も無いのかもしれません。

疑惑ではなく、誰が見ても「絶対クロだ!」という証拠がないまま追及を続けていても、野党の支持率はどんどん下がってしまうだけではないでしょうか…。

いつまで問題は続くのか?

では、一体この「モリカケ問題」はいつまで続くのでしょうか。

野党が追及を止めない限りはこの問題は終わらないと思いますが、

考えられる選択肢としては、

  1. 安倍首相が辞任する。
  2. モリカケ問題以上に大きな問題が見つかる。

この2つ位しか思い付きません。

野党の主張は責任をとって最終的に「安倍首相が辞任すべき」というスタンスのようですから、とりあえず他に大きな攻撃材料がない限りはこの問題について追及を続けるのではないでしょうか。

国会を開くのもタダではないですから、「消費税増税」とか「北朝鮮拉致問題」とか他の事ももっと取りあげて欲しいです…。

スポンサーリンク