塾講師をやってみたいと思っている人の中には、授業をする時にはどんな服装がベストなのか分からないという人もいるのではないでしょうか。バイトでも塾講師なら、ある程度フォーマルな方がいいのかな…なんて不安もあるかもしれません。そこで今回は気になる塾講師の服装についてご説明したいと思います!

スポンサーリンク

塾講師の服装は自由なの?!

そもそも塾講師の服装は自由なのか、という疑問があるかもしれませんが、私の勤めていた塾では白衣の着用が義務付けられていました。ですが、下に着ている服はというとさすがにTシャツにジーパンという社員はいませんでした。男性講師の場合はほぼスーツでしたね。女性やバイトの場合は以下のような感じでした。

ちなみに予備校の先生は個性的な服装の人が多いかもしれませんが、予備校は目立ってなんぼ!という部分もありますからね…。自分自身のキャラをしっかり出すというか、他の先生との差別化ですね。

確かに一般的な学習塾でもそれぞれの講師が個性を出す事も必要だと思いますが、私の勤めていた塾では、あまり奇抜な恰好は認められていませんでした。

女性の場合

女性も同様に上に白衣を着用するのですが、全体的にキレイ目OLのような格好の人が多かったように思います。カーディガンに膝丈のスカートとか、塾講師に限らず無難な恰好と言えます。ただ個人的には私はスカートではなく、動きやすいパンツ系を着ていく事がほとんどでした。意外と授業中も板書しながら動き回ったり、急いで教室を移動する事もあったので、機能性を重視してパンツ系に落ち着いたのかもしれません。

「THE・女」って恰好だと、なんとなく女子生徒に「あの先生色気使ってる~」なんて冷ややかな目で見られそうな気がして怖かったというのもあります。

でも、中には女を売りにしている?先生もいて、結構胸元の空いた服やミニスカートを着ている人もいました!白衣を着ているとは言っても、胸元は意外と隠れませんし、丈もそんなに長くなかったので、足を組んだら下着が見えそう…みたいな。

もちろん保護者からクレームっぽいものが入り、いつの間にか退職していきましたが。最近では何でもクレームにつながりますから、揉め事を起こさないためにも塾講師をやるなら無難な恰好をおススメします。

バイトの場合

大学生アルバイトの場合なども正社員と同様に、あまり派手は恰好は避けた方が良いと思います。しかし、やっぱり大学生となるとオシャレもしたい年頃ですよね。実際に大学時代、個別指導塾でバイトをしていた友達から話を聞くと、さすがに金髪はNGですが、茶髪もネイルも目立ち過ぎるものではなければOKだったとの事。

ただ、私の友達はちょっとギャル系の化粧だったためか、担当している生徒から「あの先生、怖い…」と教室長にクレームが入り、注意を受けた事があると言っていました。

さすがに塾講師のバイトをやるために髪を真っ黒に染めたり、スーツを購入したりする必要はないと思いますが、節度のある服装で臨みましょう。

スポンサーリンク

塾講師の服装で注意すべき点

私は塾講師時代、生徒の気が散るもの、授業に不要なものは極力排除しようと思っていました。

ですから、生徒が授業に集中出来なくなるような服装は避けるように心がけていました。

中学生や高校生なんて一番多感でオシャレにも興味がある頃ですから、「先生、ピアス空いてる?」「化粧品はどこの使ってるの?」などとにかく見た目は気になるようです。いちいちそんな事を授業中に言われていては、授業が進まなくなってしまいます。

ちょうど20代の頃なんて、周りでOLをやってる友達なんかは、いつもキレイなネイルをやっていて羨ましかったですが(´・ω・`)板書もしづらそうだし、諦めていました…。

またボサボサの髪の毛や、シワシワのシャツなど清潔感のない服装はもちろんNGです。女子高生から一度気持ち悪い先生として認定されてしまうと、一気に生徒が受講を取りやめてしまうという可能性もあります。

そして服装って意外と周りの先生から、注意されにくいんですよね。特に女性社員の服装について男性社員が注意するとセクハラだ!なんて言われてしまうケースもあります。

だからこそ、自分自身で服装にはより一層注意をして授業に望む事が大切だと思います。

スポンサーリンク