英語が話せるようになるには、やっぱり外国人と友達になってしまうのが一番の早道かもしれません。しかし日本国内にずっと住んでいると、中々外国人と知り合う機会がありませんよね。そこで今回は英語学習のために外国人と知り合いたいという方のために、実際に私が友達を作った方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英語を学習するなら外国人の友達を作ろう!

私は大学時代、英会話スクールに通ってずっと英語を勉強していました。英検やTOEICも受けたりしていましたが、実際に英語を使う機会というのはほとんどありませんでした。

しかし社会人になって様々な外国人と出会って、英語を勉強していて良かったと思う事は沢山ありました。やっぱり辞書や参考書に書いてある内容だと実際に使わないような表現もありますし、友達になる事で生の英語に触れられるのが楽しかったです。

私は幸いにも英会話教室の講師をしているイギリス人と友達になれたので、タダでTOEICの勉強を見てもらった事もありました。普通に英会話教室に通うと、月に2、3万かかる場合もありますから、かなりラッキーですよね。

こんな風に外国人と友達になれれば、英語学習にプラスになるのは間違いありません!!

簡単に外国人と知り合う方法

しかしここで問題になるのは、やはりどうやって外国人と知り合うか、という事ですよね。以下は、実際に私や周りの友人が日本国内に居ながらにして、外国人の友達を作った方法です。外国人と知り合いたいけど、どうすればいいか分からない!という人はぜひ参考にしてみて下さい。

英会話教室に通う

もしかしたら、大手の英会話教室の中には「生徒と個人的に連絡を取ってはいけない」など決まりがあるケースもあるのかもしれませんが、英会話講師をしていた私の友人はプライベートでもよく生徒たちとパーティーをしていました。(勤務していたのは大手ではなく、個人の英会話教室っぽかったですが)

また英会話講師の外国人と結婚した日本人も知っています。もちろんきっかけは通っていた英会話教室です。

ですから外国人の友達を作りたいのなら、英会話教室に通って先生と仲良くなるのも一つの手段と言えます。

ちなみに、私はたまたま地元の公民館で行われていた英会話教室に通いました。確か全10回で費用が5,000円とかその位だったと思いますが、先生がとても陽気なアメリカ人で、全部の授業が終わったあとに、お疲れ様パーティーを開いてくれました。そこにはその先生の友達の外国人も沢山来ていて、そこでどんどん友達の輪が広がっていきました。

何のツテもない、いきなりネットで知り合うのも何だか怖い…というのであれば、多少お金がかかりますが、英会話教室に通ってみるのもおススメです。

スポンサーリンク

外国人が集まるカフェや居酒屋に行く

これは住んでいる場所にもよるかもしれませんが、私が住んでいた割と田舎の町でも、外国人が集まる居酒屋がありました。

毎週通っていると、顔なじみになる外国人もいましたし、そこでまた別のパーティーに誘われて参加したりも。とりあえず、外国人はパーティー大好きですね。毎週末どこかで飲んでるんじゃないか…って位に。

また東京にある日本酒バーに出かけた時も、沢山の外国人旅行者と出会いました。日本に観光に来ているだけあって、日本人にも興味があるみたいで、色々飲みながら楽しく話しましたね。

私の場合は、シラフの状態だと「変な英語だと思われたらどうしよ~」とかいつもビビッてしまうのですが、お酒が入ると「多少間違えてもいいか!」とリラックスして話しかける事が出来ました。

自分の家の近くに外国人が集まりそうなカフェや居酒屋がない場合は、旅行がてら立ち飲み居酒屋や日本酒バーなど、外国人観光客が立ち寄りそうなスポットに顔を出してみるのもいいかもしれません。

SNSなどインターネットを利用する

最近では外国人と出会えるアプリなども登場していますし、SNSやインターネットを利用すれば簡単に外国人と知り合う事が出来ます。身近に外国人がいない場合には大変役立ちますよね。

しかし、実は私はインターネットで外国人と友達になった事はありません(ノ)`ω'(ヾ)!!

というのも、私は結構ビビりなので、「インターネットなんていくらでも嘘がつけるし、変な外国人だったらどうしよう…」とか考えちゃうからです。まあ、日本人だって嘘をつく人は沢山いると思いますが、言葉が通じないとそういった嘘も見破りにくいですよねえ。

ただ私の周りにはインターネットで知り合って外国人と友達になったり、交際している人も沢山いましたから、多くの場合はトラブルになったりする事はなさそうです!実際に外国人に話を聞いてみると、インターネットで出会う事に抵抗のない人がほとんどでした。

ただしインターネットで知り合って実際に会うなら、友達も含めて会うとか、自宅は簡単に教えないとか注意はしておいた方がいいと個人的には思います。

スポンサーリンク