英語の基礎はやはり単語力だと思いますが、覚えるのに苦労している人も多いのではないでしょうか。単純にただ英単語を暗記するだけだと、つまらなくて長続きしない人もいるかもしれませんね。そこで今回はゲーム感覚で楽しく覚えられる方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

英語勉強の基礎は単語!

別の記事でも書きましたが、単語が分からないと英語力はまずUPしません。とにかく最初はひたすら単語を覚える事が重要です。

長文読解の問題を解いていて、キーワードとなる重要な英単語の意味が分からず、何十点分も無駄にしてしまった事も… 。゚(゚´Д`゚)゚。

外国人と話していても、単語の意味が分からないために、会話についていけなかったり…。・゜゜・(>_<)・゜゜・。

やっぱり英語勉強の基礎は単語!!

私は単語帳をじっくり眺めたり、ノートに英単語を書きまくったりしていた(自分一人で出来るし、一番効率的だと思ったので)のですが、中にはもっと楽しく覚えたいという人もいるでしょう。

英単語を覚えたいけど、中々集中力が続かないという人は以下の方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

相手が必要になるものもありますが、塾講師時代に試して生徒ウケが中々良かった勉強法です。

ゲーム感覚で楽しく簡単に出来る覚え方は?

①単語意味当てクイズ

まずはクイズを出してもらえる友達や家族を見つけましょう。用意するのは単語帳だけでOKです。

ルールは単純で、「相手に英単語を読んでもらう→意味を答える」。これだけです。

例えば、「simple」→「簡単な」みたいな感じですね。

分からなければ、ちょっとヒントを出してもらったりしてもOK。

相手がいるとなぜか楽しくなるんでしょうか。ある日、塾に英語がとにかく苦手で大嫌いという生徒がやってきました。とりあえず単語もほとんど分からない状態だったので、授業の後に居残りさせて一緒にこのゲームをよくやっていました。

すると予想以上にはまってしまい、自宅でも誰か家族を見つけてはこのゲームをやってもらうようにお願いしていたようです。

後日その子のお母さんから、「英語が大嫌いだったあの子が、家で勉強するようになって驚いています!」とかなり感謝されました。

お金もかからないし、コミュニケーションも取れるので、かなりおススメの方法かもしれません。

※ちなみに、「意味を言う→英語を答える」でもいいのですが、それだと答えの幅が結構広がってやりにくいです。

「見る」→「look」「watch」「see」みたいな感じで、本来答えて欲しい単語が出てくるとは限りません。ですから、最初は「英語→日本語」でやってみた方が良いと思います。

②語呂合わせで覚える

ちょっと邪道かもしれませんが、どうしても覚えにくい単語は「語呂合わせ」を考えていました。

concentrate(コンセントレイト)【集中する】なら、「コンセント、霊と集中する」とか、

issue(イシュー)【問題】なら「異臭問題」という風に。

ほぼ意味不明な語呂合わせもありますが、なぜか印象に残りますし、テストなどでは役立ちました。

塾講師時代はよく、絵を書いて一緒に説明したりしていましたね。そういう風にするとよく覚えられるみたいで、生徒からは結構喜ばれていました。

自分では中々思いつかないという人も、最近では英単語の語呂合わせを無料で紹介しているインターネットサイトも沢山ありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ただし、語呂合わせの場合は正しい発音やアクセントが身につく訳ではないので、試験やテスト向けの方法と言えるかもしれませんが…。

スポンサーリンク

③英語カルタ

最後はちょっと準備が必要になりますが、「英語のカルタ」です。

上記は実際に私がボランティアで行っている英会話教室でお正月に使ったカルタなので、英単語ではなく、会話文を使用していますが、「日本語を読み上げる」→生徒「英文のカードを見つけて、取る、声に出して読む」という感じでやっていました。

手書きが面倒なので、パソコンで印刷した紙を、百均で購入した厚紙にノリで張り付けてハサミで切り取っただけです。パソコンがなければ別に手書きでも問題ないです。

カルタというと、子供向けというイメージがありますが、選ぶ英単語や英文のレベルを変えれば、大人でも十分楽しめます。

「日本語→英語」に飽きたら「英語→日本語」という風にやる事も出来ます。

多少準備が面倒ではありますが、まあ、みんなで楽しく覚えたいという時にはピッタリですね。

まとめ

いくつか英単語を楽しく覚える方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。個人的には①単語意味当てクイズが一番おススメです(準備がほとんど必要ないので)。

最近では単語を覚えるためのゲームやアプリも沢山登場していますが、相手がいると励みになりますし、楽しく覚えられます。自分一人では中々続かないという場合はぜひ試してみて下さい!

スポンサーリンク