今の時代、大学生の半数以上は奨学金を借りていると言われています。進学するためには仕方ないのかもしれませんが、でもやっぱり後々の負担を考えると奨学金を借りずに卒業したいですよね。そこで奨学金を借りずに済む方法について考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

大学の学費は高いのか?

とりあえず学費の安い国立大学を例に出したいと思いますが、年間の授業料は535,800円。

12分割すると、月に44,650円。せっせとバイトすれば何とかならない額ではないかもしれませんが、

それ以外にも教科書を買ったり、自宅から通えない場合は賃貸マンションやアパートの家賃や光熱費が必要となってきますし、バイト代だけで賄うのはかなり厳しいですよね…。

理系の私立大学ともなると、学費は国立大学の倍以上…やっぱり学費が高いと言わざるを得ません (○`ε´○)。

奨学金ナシで4年間過ごす方法とは?

①学費が安い私立大学もある

成績優秀者になれば、学費が免除される大学もありますが、全体の総数から考えると一握りの生徒しか選ばれません。学費が安いと言われる国立大学だって、当然定員があるので、希望者全員が入学出来る訳ではありません。

となると、残りの人はどうしても大学に行きたいのなら、私立大学を選ぶ事になります。

実は私立大学と言っても、学費はピンキリです。

今はわざわざ資料請求しなくても、インターネットで検索すれば簡単に学費を調べる事が出来ます。国立大並みとはいかないかもしれませんが、私立大学しか選択肢がないのなら、なるべく安い大学を調べてみましょう。

②自宅から通える大学を選ぶ

「自宅から通学」OR「1人暮らし」では費用の面では雲泥の差だと言えます。

親のサポートが受けられるという前提ではありますが、自宅なら家賃光熱費ゼロ、食費などもかかりません。

それに対して1人暮らしとなると、部屋を借りるために敷金礼金もかかりますし、家具家電だって揃えなければいけません。

私の先輩でも、車で1時間かけて自宅から通っている人がいました。大学の近くに駐車場を借りないといけないですが、それでも一人暮らしよりははるかに安いと言っていました。

確かに自宅から大学が遠いと、飲み会でも1人だけ終電があるからと早く帰らなければならなかったり、不都合も多いかもしれません。

「大学に入れば一人暮らしをしてみたい~」と淡い希望を抱いている人も多いと思いますが、人暮らしは社会人になってからでも出来ます!それよりも多額の奨学金の返済に追われる方が絶対面倒です。

③1人暮らしなら出来るだけ安い賃貸物件を探す

自宅から通える範囲に大学がなければ、1人暮らしをするしかありません。当然賃貸住宅を借りるしかないと思いますが、月々の家賃は馬鹿になりません。例えば家賃6万円×12か月=年間72万!!

私の周りには親からの援助が全く受けられないため、なんと家賃1万円の賃貸住宅に住んでいる男の先輩がいました(ノ゚ο゚)ノ

もはやドラマや漫画でしか見たことがない「○○荘」というレトロな外観のアパートでした…。ちなみに、玄関とトイレは共同…。

まあ、その方は工学部という事もあり、実験などで学校に泊まる事も多かったようなので、あまり気にならなかったのかもしれませんが、

家賃月1万円×12か月=年間12万ですもんね…。かなりの節約です!!

このケースはやり過ぎかもしれませんが、お金がないのなら見栄を張って良い所に住むのはやめましょう。多少大学から離れていても、築年数が古くても、自分が住める範囲で安い所を探す事をおススメします。高い所を借りても、家賃だけは後に何も残りませんからね。

④夏休みや冬休みはガッツリバイトする

私は国立大の教育学部でしたが、高校生みたいに宿題が出る訳ではありませんでしたし、夏休みや冬休みは結構時間にゆとりがありました。ですから、高時給の短期バイトや単発のバイトでガッツリバイトをする事も可能だと思います。(もちろん、単位を落としまくって留年となると元も子もないので、出来る範囲で)

学部や学科によっても変わってくるのかもしれませんが、理系でもガッツリバイトをしている先輩もいました。

中には新聞勧誘のバイトで月に38万稼いだという強者も…。

この長期休みで稼いでおくことで、授業がある期間のバイトを減らす事が出来ますからね。

スポンサーリンク

⑤余裕が無ければサークルや部活へ入るのを諦める

大学生の醍醐味と言えば、サークル活動や部活動かもしれません。しかしサークルや部活に入る事で確実に出費が増えますし、バイトが出来る時間も減ってしまいます。

私もちょっとしたテニスサークルに入っていたのですが、合宿代だけで4万、新歓コンパや卒業コンパなど飲み会の度に1万円近い出費があって割とすぐに辞めてしまいました。

サークルに入らなくてもバイトやゼミでも友達は出来ます。

よっぽど優秀な成績を残さない限りサークル活動が就職活動の際に有利になるとも考えられません。

やはり奨学金を借りてまでサークルに入るべきではないと思います。

やっぱり我慢が必要

色々書きましたが、結局は奨学金を借りずにやり繰りするとなると、何かを我慢しなければならないと考えておくべきです。

1人暮らしをして、お小遣い稼ぎ程度にバイトをして、サークル活動も楽しんで、そこそこオシャレにも気を遣って…

と欲を言えばキリがないですよね。

「周りのみんなは青春を楽しんでるのに、私は毎日バイト三昧…(((p´Д)゚o。」という気持ちになるかもしれませんが、大学生活はたった4年間です。奨学金を借りている人の中には、卒業後20年以上にも渡って返済しなければならない人もいます。

4年間楽しんで卒業後苦労するより、社会人になってからの生活をエンジョイした方がよっぽど良いです。

奨学金といえど、言い換えればただの借金ですからね…。

どうしても奨学金を借りなければならない時は、ギリギリの金額で。余裕のある月は奨学金を全部使い切らずに残して、後々一括返済が出来るように貯金しておくなど工夫をしておきましょう。

 

スポンサーリンク