失恋の辛さは、飲み明かしたって、泣ける映画を観たって、カラオケで歌いまくったって、そう簡単には消える物じゃありませんよね!しかし辛くても何か行動を起こさないと前に進めません。そこで今回はガチで片思いの相手や元恋人を忘れる方法&復縁方法について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

失恋で立ち直れない!

失恋って本当に辛いですよね。私もかつて失恋に苦しんだ時がありました。とにかく辛すぎて、復縁本を買い漁ったり、恋愛特集の雑誌を読みまくったりしていました。

しかし、書いてあるような事はこのような内容でした。たとえば…

  • スポーツなど恋愛以外に打ち込む
  • 自分磨きを頑張る
  • ファッションを変えてみる
  • とにかく泣く
  • 失恋に効く映画を見る・音楽を聴く
  • お風呂にゆっくり入る
  • 髪を切る
  • 要らない物を捨てる
  • 旅行に行く

などなど。色々試してみて、確かに気分が少し楽になったり気晴らしにはなったかもしれませんが、根本的な解決法とはちょっと違うような気もしていました。

失恋の辛さはそんなに簡単に無くならないという人は私以外にも沢山いるのではないでしょうか。

そこで、感情的にではなくもっと論理的に、実践的に解決する方法を考えていきたいと思います。

ガチで片思い・元彼・元カノを忘れる&復縁方法!

失恋している状態とは?

失恋している状態を客観的に見ると、普段何気なく使っている電化製品が壊れてしまった時に似ているのではないでしょうか。

たとえば毎日使っているスマホが突然朝起きると壊れていたとしたら…。

長年愛用していて、デザインも機能も、大きさも全部気に入っていたのに、電源を入れても動かない…。

当然ショックを受けますよね。アラームを目覚まし代わりに使ったり、スケジュールを管理したり、寝る前に音楽を聴いたり、無くてはならない存在になっているほど、いきなり無くなると不安になってしまいますよね。

このような状態がまさに今の失恋状態です。では、あなたなら、この不安を取り除くためにどうしますか?

スポンサーリンク

解決するにはどうすれば?

①修理に持って行く(復縁の可能性を確認)

本当に愛着があるのなら、まずは修理に持って行くという人は多いのではないでしょうか。

しかし修理に持って行ったとしても、

A その場ですぐに直してもらえる(すぐに復縁してもらえる)

B 時間とお金がかかるが修理可(復縁の可能性はゼロではないが時間と労力がかかる)

C 完全に修理不可(復縁は絶対にないと言われた場合)

現実的にはBやCの状態が多いと思います。しかしBの場合はどの位の修理代と修理期間がかかるか分からない状態です。たとえば「修理代は100万かかる上に、修理期間は1か月かもしれませんし、3年以上かかる可能性もあります。また修理完了したら連絡しますね。」と言われたら、あなたは待てますか?

Cの場合は残念ながら他の選択肢を考えるか、しばらく様子を見るしかありません。

 

②新しいスマホに替える(新しい恋人を見つける)

その結果、

A 使ってみるとやっぱり前の方が良かったと後悔。(前の恋人と比べてしまう)

B 案外新しいスマホが新鮮で、前より良かったと満足。(前の恋人よりも良い人に出会える)

などの選択肢が考えられます。Bの場合はせっかく新しいスマホに慣れた頃に、なぜか前のスマホが直る(新しい恋人とうまくいっている時にかぎって、元恋人からヨリを戻そうと言われる)可能性もありますよね。

③もうスマホは買わない(もう恋人を作らないようにする)

A スマホがない生活になれてしまう(恋人がいない状態に慣れる)

B やっぱりスマホがない生活は不便(やっぱり恋人を探そうという気になる)

④とりあえず直るかもしれないので、それまで待つ(恋人からやり直そうと言ってくるのを待つ)

ある日気が付けば、元通りに直っている可能性もありますが、それはいつか分かりません。

と、このように考えられる選択肢を挙げられるだけ挙げてみましたが、あなたの心が一番スッキリするのはどの方法でしょうか?

失恋はいずれ時間が解決してくれる

失恋した場合、上記の選択肢のどれかを選ばないと前には勧めません。今はどれも選べないという人もいるかもしれませんが、心配しなくても時間が経てば必然的にどれかを選んでいる事になります。

周りの人を見渡してみて下さい。いつまでも失恋を引きずっている人って少ないですよね?極端な話ですが、高校生の時の失恋を80歳まで忘れられないでそのまま結婚もしない人はごく少数です。

今は本当に辛いかもしれませんが、1年2年と過ぎれば確実に状況は変わります。

復縁も時間が重要

復縁に関しては、もちろん様々な努力が必要ですが、「いつになるか分からない物を根気よく待てるかどうか」が一番のポイントだと言えます。

「人間は期限が決まっていれば待てるが、いつになるか分からないものを待つのは難しい」と何かの本で読んだ事があります。

タイムマシーンに乗った未来の自分がやってきて、「3年待てば絶対にやり直せる!」と言われれば、失恋で苦しんでいる人の中には「だったら、気長に待ってみよう」と思う人もいるでしょう。

しかし現実はそうはいきません。元カノ(元カレ)に新しい彼女が出来ても、ずっと見守っていればいつかチャンスが巡ってくる事もあるかもしれませんが、それはいつか分かりません。となると大半の人はどこかで別の選択肢を選んでしまうものです。

無理目の元恋人と本気でやり直したいのなら、じっくり時間をかけて復縁する覚悟が必要です。もちろん相手の迷惑になってもいけないので、場合によっては連絡をしばらく断つ(1年や2年など長くなる可能性もある)という事も必要でしょう。

まとめ

失恋から本気で立ち直りたい・忘れたい・復縁したいと思っているのなら、現状をしっかり理解して前に進みましょう。何か行動を起こせば必ず現状は変わっていくはずです。

スポンサーリンク